ヤフオク規約違反について

このコンテンツでは、Yahoo!オークションの規約違反について説明します。

▶ ヤフオク細則

ヤフオクではペナルティが3段階あります。

  • 出品制限(復活の可能性あり)
  • 利用停止(復活不可)
  • 登録削除(復活不可)

普通に運営していれば、まず出品制限以外のペナルティをもらうことはありません。

ヤフオク無在庫で出品制限は、以下の4つの可能性が殆どです。

  1. 無在庫がバレる
  2. アダルト商品のカテゴリー間違い
  3. 偽物の出品
  4. NG商品の出品

順番に内容と解決方法について説明していきます。

無在庫がバレる

どのような経緯で無在庫とバレてしまうのかは完全には把握できませんが、
多くの理由は、

  • お客様とのトラブルでヤフオクカスタマーに報告される
  • 評価が低いのに出品数を増やしてしまう

この2つかと思います。

お客様トラブルに関してはどうしようもない部分ではありますが、
なるべく穏便に解決するためにも、お客様対応マスターコンテンツを参考にして
お互いの納得行く形で取引を終えられるようになりましょう。

評価に関しても明確な数字はございませんが、私の目安はこちらです。

  • 出品評価 0 ~ 10 ・・・ 出品数300まで
  • 出品評価 11 ~ 30 ・・・ 出品数1000まで
  • 出品評価 31 ~ 50 ・・・ 出品数2000まで
  • 出品評価 51 ~ 100 ・・・ 出品数2500まで

参考にして下さい。

こちらの理由の場合、出品制限が解除される可能性があります。

ヤフオクに問い合わせて謝罪メールを送ってみましょう。
※詳しくは【ヤフオク 出品制限 テンプレ】などで調べてみて下さい

アダルト商品のカテゴリー間違い

アダルト商品は特にカテゴリーが厳しいです。

大人のおもちゃなどを子供のおもちゃと同様のカテゴリーに出品してしまったり、
露出度の高い下着などを一般の下着カテゴリーに出品してしまうと制限をもらってしまいます。

外注さんにお願いする時は特に気をつけましょう。

カテゴリー間違いは殆ど出品制限は解除されます。

偽物の出品

出品制限の中で一番厳しいのがこの偽物の出品です

もらってしまったら殆ど解除不可能だと思って下さい。

明らかに偽物とわかる商品は避けられるのですが、
そのジャンルに精通していないとわからない商品などは正直判断が難しいと思います。

怪しいと思ったらブランド名で検索して、公式が上位に表示されるような
有名なブランであれば出品を避けたほうが良いでしょう。

タイトルにブランド名が入っていなくても、画像でロゴが確認できたらアウトなので気をつけて下さい。

 

権利侵害に厳しいブランドの例
  • スワロフスキー(アクセサリー)
  • 任天堂
  • ディズニー
  • レイズ(車関連)
  • BANDIDOS NOMADS(バイク関連)
  • koso(バイク関連)
  • ダイワ(釣り関連)
  • シマノ(釣り関連)
  • Cadero(ゴルフ関連)
  • IOMIC(ゴルフ関連)
  • ロレックス(時計関連)

※随時追加していきます

出品NG商品

NG商品で紹介している商品は、出品制限もそうですが、
お客様とトラブルになりやすい商品ジャンルもまとめております。

下記の動画ではNGの理由も含め具体的に説明しているので、
必ず確認して頂き外注さんにもしっかりと伝えておきましょう。

1)危険物、武器、犯罪で使用される可能性があるもの

商品例

2)著作権、知的財産権に違反する商品(会社や車種のロゴ、キャラクターグッズ、ブランド物)

商品例

3)健康食品、化粧品、医薬品、媚薬、サプリなど

商品例

4)電化製品類

商品例

5)SDカード、USBメモリー

商品例

6)モバイルバッテリー、ヘルメット、ガスコンロなど国の基準適合マークが必要な商品

商品例

7)カーナビ

商品例

8)植物、生物

商品例

9)ガラス製品

商品例

10)商品自体が小さい商品

商品例

11)情報商材(手品のネタバラシなど)

商品例

12)ライター

商品例

13)評価が低い商品、評価が低いショップ